FF:北瀬氏「日本のハイエンドタイトルの投資は厳しい」「FF7Rのシステム変更に抵抗はない」

雑誌に掲載されている、北瀬佳範氏のインタビューより抜粋「PS4の好調で海外ではまだコンシューマが軸だがいずれ市場が拮抗する、将来モバイル発表会でFF新作を発表するかも」「日本はハイエンドタイトルへの投資も厳しく将来が心配」「FFVIIリメイクで目指すビジョンは野村Dを含めあるがまだ納得がいくものにはなっていない、ビジュアルの方向性は見えてきている、バトルシステムなどは試行錯誤」「リメイクでシステムを変える事にはそこまで抵抗はない」「普通にリメイクするとアクションRPGになってしまうので、そうではないFFVIIらしさを出しつつどう驚きのあるものにするかを追い求めている」など。詳細は以下のリンク先から

[速報@保管庫(Alt)]
ハイエンドゲーム機(PS4世代)向けタイトル開発者特集:インタビューが色々掲載、コーエーテクモやセガがPS4専用も視野に