E3:「FF15」野村氏インタビュー・「FF15実機デモ」映像公開!声優判明

ロスで開催されている「E3」の会場から、スクエニブースの配信開始、そのプログラム内「SQUARE ENIX MEMBERS Exclusive Interview KINGDOM HEARTS 1.5 HD ReMIX」にて、なんと野村哲也氏「FF15」の実機デモ映像を公開し、解説までされました!以下野村氏の解説より ※スクエニchan!のインタビュー追加 ※公式文書よりメインキャラのキャスト判明

野村氏「(FF15はアクションRPG)アクションベースですが、完全なアクションではない、FFなのでFFらしさも残している」「(ノクトについて)すかしているように見えるが、かっこよくはないです。変なやつですね、そこがポイントかも」「(ノクトの能力が重要?)FFですから戦闘が重要だと思う。連携は豊富に取り入れている。ドラマ性のある連携」「(ノクトは重力を操れる?)重力は操作できないが、ワープの能力を持っている。リアルに作るとゲーム的に面白くないので、デフォルメをしている」「FF15はこれまでの作り方とはまるで違う。これまではコンシューマー(据置機)に合わせてゲームを作っていたが、次世代機はコンシューマーに合わせない作り方」「一年前までは現行機でも出すつもりだった。クオリティ上げるために次世代に完全移行」「コンシューマーに合わせない作り方をしているので、オリジナルはかなりハイレベル。次世代機はそのオリジナルバージョンからの「移植」ということになる。各ハードのスペック次第で(移植?)色々できるのではないか」「(マルチに関して)どちらかがリードプラットホームというわけではない、したがって(次世代機の)ハードウェアの性能によって、どちらがよりオリジナルに近いかが決まる」「開発方法が変わった事により)移植されるハード間で、スペックが変わったり、足をひっぱたりすることはなくなった」「DirectX11が対応しているハードなら、何にでも移植が可能、色々検討したい」など!

※追記1:「E3出張:スクエニChan!」にも野村氏登場!以下chanでの野村氏発言など
「FF15はシームレス、もともとシームレスがやりたくて作った」「(ナンバリングに対するプレッシャーは?)色々な人の注目度が変わってきますから…期待の大きさは感じている」「(FF15のストーリーについて)クリスタルを取り戻す話です」「FF15はアクションベースだったので、ナンバリングにはしてなかったが。今回会社の方からナンバリングでもいいのでは、と言われて」「ベーヒーモスのツノをつかって体に上ったりするのは、フリーランと言って。従来建物とかでやってたのをモンスターでも出来る」「FF15は部位破壊もある」「見た目はアクションだが、アクションの前にFFである、そこを気にして作っている」「おもちゃ屋でバイトしてFF1を売っていた事がある(高校時代)」「今はFPSとかアクション系が好きかな」「グラディオラスについて、グラディオラスは安元氏じゃなくて三宅さん」「FF15は中身も深い、人間ドラマなど。ふざけてたりもする」「情報公開がまた途切れるようなことはせず、大きなイベントに合わせて順次公開していくようにする」「FF15のキャストはこのあと発表」

※追記2公式発表より、メインキャラのキャスト判明!

<ストーリー>

世界に現存する最後のクリスタルを有するルシス王国。軍事国家ニフルハイムとの長き冷戦に
終止符を打つべく、和平調停を結ぶ運びとなった。
その歓喜の中、兵器の使用を禁ずるルシスの魔法障壁が破られ、ニフルハイム軍の攻撃が始まる。
平穏な日々を過ごしていたルシス王家後継者のノクトと、
その仲間達は突如として戦乱に巻き込まれて行く。

■メインキャラクターのキャスト(声優)について
<メインキャラクター(一部)>
ノクティス・ルシス・チェラム/鈴木達央(すずきたつひさ)
グラディオラス・アミシティア/三宅健太(みやけけんた)
イグニス・スキエンティア/宮野真守(みやのまもる)
プロンプト・アージェンタム/柿原徹也(かきはらてつや)
コル・リオニス/東地宏樹(とうちひろき)

 
 

以下は、配信中に公開された「FF15実機デモ」映像。その迫力と臨場感を、その目で体験しましょう!