FF15:海外野村氏インタビュー「キャラの髪型は個性を押し出す一つの方法」

月曜、E3のソニー・プレスカンファレンスにて「FINAL FANTASY XV」が発表された。現実を彷彿とさせるダークトーンのその世界は、シリーズの象徴といえるターンベース戦闘のイメージを打ち壊した。NBCニュースは本作のディレクター兼キャラデザインを手掛ける野村哲也氏を迎え、このスクエニのビックタイトルについて話を伺った。

NBC:『最近のFF』は、『ファンタジー』にしてはモダンすぎるという意見もあります。もちろん昔からシリーズでは毎回SF要素と魔法が混在してましたが。これについてはどうお考えでしょうか。

野村氏:SFにしても魔法にしても、僕はあまり極端な感じは好きじゃないんです。もし、自分が選べるなら、自分は現実のような設定を選びたいが、それはゲームに適したものではない。FFXVを見ると、新宿に似た非常に現実的な世界から始まりますが、話が進むと中世のような場所にも行きます。でも武器はハイテクな感じでコンボを決めていきます。『FF』は過去においても極端にハイファンタジーだったりロウファンタジーだったりしません。タイトルによって近未来的になったり中世っぽくなったり。でも毎回どちらの要素もあります。個人的な話をすると、ゲームを始める時、あまりに空想的な世界からだとなかなか感情移入できないんです。だからまず現実っぽい世界を用意して、そこから空想的な世界に入ってもらおうと。

NBC:キャラクターデザインは主導で行われてるんですか?例えばレベルデザイナーから「氷系のモンスターが欲しいから描いて」と頼まれたら、「こいつは槍を使うから」みたいな事までやるんでしょうか。

野村氏:『輪郭』だけ描いて、「何か長いもん持ってる感じで」くらいにアドバイスはします。前は武器のデザインとかもしてましたけど、最近はキャラデザ一本ですね。『FFX』まではそういうこともやってました。『バスターソード』とか『ガンブレード』とかは開発チームに言われて描いて、ゲームでも使われてましたね。『FF8』まではモンスターのデザインをしてました。『FFXV』のトレイラーを見てもらえると分かりますが、ベヒーモスや鉄巨人は『FF7』や『FF8』で描いたのとは違い、『XV』の為に新しくデザインしてます。

NBC:キャラクターのインスピレーションはどこからくるのでしょう。ファッション雑誌や歴史本などを参考に?もしくは頭の中でぱっとイメージが湧きあがるのでしょうか。

野村氏:いっつもキャラデザの事ばかり考えてるわけじゃないです。何か注文を受けた時、まず想像を巡らせます。そこでキャラの『輪郭』が頭に浮かびます。そこから細かいところまで考えていきます。昔はファッシン雑誌をめくってたと思いますけど、今は大好きなブランドのウェブページを見たりしてます。

NBC:語弊を怖れずに言うと、野村さんのキャラの髪型は非常に特徴的ですよね。技術的な問題(ポリゴン?)よりも深い意味合いがあるんでしょうか。

野村氏:現実を見るとあんなすごい髪型してる人はそういないですよね。そこにゲームで個性的な髪型を出す意味があります。ゲーム上のキャラクターの個性を押し出す一つの方法なんです。だから割とリアルな髪型でも、デフォルメしてゲームに合わせた形にしています。たまに欧米のFPSみたいに、ハゲにしたら楽だろうなと思いますが、そうしたら味気ないですよね。うちの会社は個性的な髪型のキャラで知られていますが、そろそろネタ切れしてきたかも。

NBC:影響を受けたり、注目しているアーティストやゲームはありますか?

野村氏:僕がスクウェアに入ったきっかけが天野さんの絵でした。高校時代に美術の先生から天野さんの話を聞かされて。それが目的で入ったので、ゲームの事には興味がなかったんですよ。ある意味天野さんが僕を雇ってくれた人であり、一番尊敬してる方です。

(※翻訳:当サイト掲示板匿名様、ありがとうございました)

[NBC NEWS]
Final Fantasy XV’s director on art, the modern setting and crazy hair